家と環境

近年、日常の中でもエコを意識した取組みが増えてきました。
エコバッグやマイ水筒、太陽光発電やハイブリッド車など。
人々の意識もエネルギーや環境を重視したものに変わりつつあります。

私たちが毎日を過ごす「家」もまた、環境や健康を意識したものでなければいけません。
「自然素材」という言葉をご存知でしょうか?
海や山など自然から生まれた天然素材を用いた、環境にも人体にもやさしい建築素材があります。
ただ、その定義や種類は実にさまざまで、これから家を建てる方でも判断がつかないかもしれません。
ここではそんな自然素材を簡単ではありますがご紹介していきます。
自然素材を有効活用し、長い人生を満足できる住環境で過ごすお手伝いになれましたら幸いです。

健康住宅とは

ピースツーホームの考える自然素材

「健康住宅」と聞いてみなさんは何をイメージされるでしょうか?
天然の木材?シックハウスに悩まされない家?

ピースツーホームの考える「健康住宅」は、使われる素材や健康に配慮するだけでなく、家を建てられた方が心地よく長く住み続けていけることが大切だと考えています。

シックハウス症候群について

「シックハウス症候群」とは、建材に含まれる塗料や接着剤に含まれる化学物質「ホルムアルデヒド」や、木材に塗布されている防腐剤などが原因といわれています。
このため、新築の家では24時間換気システムを設置することが義務付けられています。
逆に言えば、24時間換気しつづけないと健康を害するおそれがあるということです。

現代の文明生活において、シックハウス症候群の原因物質から逃れ続けることは不可能です。
ですが、防腐剤の使用していない木材を使用したり、化学物質を吸着・分解する作用を持つ建材(漆喰や珪藻土)を使用する事により害を減らしていくことができます。
また、健康住宅は環境にも配慮した地球にやさしい素材です。

厳選された材料を用い、美観と機能性を兼ね備え、心身ともに健康でいられる住宅こそが本当の「健康住宅」だとピースツーホームは考えています。

自然素材の種類

自然素材で使われるものとは

自然素材の家作りで肝要になってくるのはやはり木材でしょう。

他にも壁であれば、貝殻や海藻の化石に海藻糊などを混ぜて作った漆喰や珪藻土。これらは調湿効果やCO2を吸収する効果、ホルムアルデヒドを分解する効果があります。また、見た目にも大変美しくあたたかみがあります。
和紙や和紙を材料にした塗壁、珊瑚を使った塗壁、コットンや麻、絹などの自然の素材から作られた壁紙など、機能と美しさを備えた個性的な素材が多くあります。

見えない部分にもこだわりがあります

見えない部分にもこだわりがあります。
断熱材でウール(羊毛)をはじめ、木の繊維やコットンなどさまざまな物が使われます。
羊毛を使った断熱材は、湿気を吸収し、結露を防ぎます。湿度の低い冬には放湿して環境を整えます

自然素材にこだわることによって、、ホルムアルデヒドなどの化学物質を含む接着剤を使用しないで済みます。
お米を原料とした接着剤は、木工用ボンドの何倍もの接着力があるだけでなく、口に入れても安全な食品原料なので小さいお子様がいるご家庭でも安心して過ごすことができます。

集成材と無垢材

差のつく木材

同じ「木」を使った家なのに、本物の木を使った家とそうでない家があるのはなぜでしょうか。

すばらしい家では天然木である無垢材を用いた「自然素材の家」、そうでない家は合板やベニヤなどの集成材で作られた「自然素材風の家」であるといえるかもしれません。

集成材と無垢材の違い

集成材は薄くカットした木材を接着剤で張り合わせたものです。一見すれば木で出来ているように見えます。
無垢材といったいなにが違うのかわからないというお客様もいます。

天然の木を使った木材(無垢材)は、材料として製材してからも呼吸を続けています。木が持つ調湿性、脱臭性、遠赤外線効果によって夏は涼しく、冬は暖かい快適な住まいになります。
また、集成材のように接着剤を使用していないのでホルムアルデヒドの心配も無用です。

健康住宅の今日

身近になった自然素材

自然素材の家をご紹介すると、「高そう」「手入れに手間がかかりそう」「耐久性に不安がある」などの声が寄せられます。

自然素材は以前は確かに高価なものでした。しかし、国産材の値段は昔より下がっています。ピースツーホームでは、工務店同士のネットワークで共同購入をすることによってさらなるコストダウンを図っています。
長く住み続けることを考えれば住環境に配慮した自然素材は大きなメリットがあるでしょう。

無垢材などの自然素材は長くつかうほど輝きや味わいが増すと言われています。お手入れも普通の水拭きでかまいません。耐久性や耐震性にも優れています。
また、小さいお子さんのいるご家庭でも防音効果や健康への配慮などメリットがたくさんあります。

ページトップへ戻る